バルセロナがサンパウロのブラジル人FWグスタボ・マイア(19)を獲得することが決定的となった。ブラジル『グローボ』が報じている。

サンパウロの下部組織出身のマイアは左ウイングを主戦場とする小柄なアタッカー。トップチームデビューは果たせていないが、相手の逆を取る巧みなドリブルや質の高い右足のキックを特長とする逸材だ。

『グローボ』が伝えるところによれば、バルセロナはすでに100万ユーロ(約1億1800万円)の手付金をサンパウロに支払っており、7月15日までに残りの350万ユーロ(約4億1000万円)の買い取りオプションを行使する予定だという。それでも、サンパウロは30パーセントの保有権を持ち続けるようだ。また、マイア自身はバルセロナと5年契約を結ぶ予定だ。

なお、仮にバルセロナ移籍が正式に決定した場合はひとまずバルセロナBが主戦場になる見込みだ。