水戸ホーリーホックは20日、FW深堀隼平とDF住吉ジェラニレショーンの負傷状況を報告した。

名古屋グランパスから今季レンタル加入の深堀は9日に水戸市内の病院で検査を受け、右腰椎疲労骨折の診断結果。国士館大学から新加入の住吉は2月24日に行われたいわきFCとのトレーニングマッチで負傷して、右肩関節脱臼の診断結果が下った。

水戸は2月23日にホームで行われた明治安田生命J2リーグ開幕節の大宮アルディージャ戦で1-2の敗戦。深堀は55分までプレーした一方で、住吉はベンチ外だった。