クリスタル・パレスのコートジボワール代表FWウィルフリード・ザハが、所有するアパートを医療スタッフに無償提供したようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。

新型コロナウイルス(COVID-19)が世界的パンデミックと認められる中、イギリスでも多くの医療スタッフが感染縮小に日々汗を流している。その中心となるNHS(国民保健サービス)では、現在多くのスタッフが長時間労働や家に帰れない状況が続いている。

ザハはそのような医療スタッフにアパートを無償提供することを決断。マンチェスター・ユナイテッドの下部組織出身でクリスタル・パレスのスターである同選手は、経営する会社が約50室のアパートを所有しており、ビジネスや賃貸として利用されているが、その多くがこのパンデミックにより空室に。それらを有効利用しようと考えたようだ。

この取り組みはザハのみならず、チェルシーのオーナーを務めるロマン・アブラモビッチ氏や元マンチェスター・ユナイテッドのギャリー・ネヴィル氏も先だって行っている。前者はクラブの本拠地であるスタンフォード・ブリッジに隣接するホテルを、後者も所有するホテルをNHSの医療スタッフに向けて無料開放している。

昨年末の発生から拡大の一途を辿り、一向に収束の目途が立たない新型コロナウイルス。こうした心掛けが最前線で働く医療従事者の救いになればと願う。