中国サッカー協会(CFA)は21日、エスパニョールに所属する中国代表FWウー・レイが新型コロナウイルス(COVID-19)に感染していることを発表した。

エスパニョールは17日に、トップチームに所属する選手とスタッフの6名が新型コロナウイルスに感染していることを発表。選手たちの名前は明かされていなかったが、その中の1名がウー・レイであることとなった。

エスパニョールの発表では、それぞれが軽症であり、隔離措置が取られているとのこと。CFAによると、現在治療中で、ウー・レイ本人とエスパニョールと密接に連絡を取っており、必要な物資を支援するとしている。

2019年1月に上海上港からエスパニョールへと移籍。今シーズンはラ・リーガで22試合に出場し3ゴール、ヨーロッパリーグでも7試合に出場し1ゴールを記録していた。

スペイン国内では新型コロナウイルスが急速に感染を拡大しており、20日には死者が1000人を超えていた。