マンチェスター・ユナイテッドとマンチェスター・シティは21日、配給活動を行う慈善団体の『トラセル・トラスト』にそれぞれ5万ポンド(約670万円)を寄付したことを発表した。

『トラセル・トラスト』は生活困窮者に対して配給を行う人々をサポートする慈善団体。

新型コロナウイルスの感染拡大によって影響を受ける可能性が高い生活困窮者を支援するべく、ユナイテッドとシティが手を組んだ格好だ。

『トラセル・トラスト』は試合日、売れ残った食材を集めて生活困窮者に配給を行っていたが、現在は試合が開催されていないため、その配給が困難になっていた。

ユナイテッドとシティは「地元のフードバンクを支援できる役割を担えることを誇りに思います。コロナウイルスの影響によって配給慈善団体が厳しい状況下に置かれていることを認識していました。我々のコミュニティにとって試練の今、ユナイテッドとシティは苦しんでいる人々を助けるための寄付ができることを喜んでいます」と共同声明を出している。