バルセロナのウルグアイ代表FWルイス・スアレスが、予定よりも早く復帰できる可能性があるようだ。

スアレスは9日に行われたスーペル・コパ・デ・エスパーニャ準決勝のアトレティコ・マドリー戦(2-3の敗戦)で先発フル出場を果たしていたが、試合後に右ヒザの負傷が確認された。

1月12日には右ヒザ外側半月の手術を実施。復帰は5月になるとみられていた。