山東魯能に所属する元ベルギー代表MFマルアン・フェライニが新型コロナウイルス感染を受け、コメントした。

2019年2月にマンチェスター・ユナイテッドから山東魯能に加入したフェライニ。先日、中国メディアから検査で陽性反応の検出を報じられると、クラブも22日にその事実を認め、現段階で発熱などの症状なく、今後として指定の医療機関でさらなる検査と治療を続ける旨を明らかにしている。

中国スーパーリーグでプレーする選手として初の感染確認者となるフェライニは、自身のインスタグラム(fellaini)を更新。感染の事実や周囲に対する感謝、早期復帰の思いを綴った。

「親愛なる友人たちへ。僕はコロナウイルスの検査で陽性の診断結果を受けた。現在は中国の病院で治療を受けているところだ。全てが僕にとってうまくいくと保証できる。ファンや医療スタッフ、ケアしてくれるクラブの人々に感謝したい。治療を続けて、できるだけ早く復帰できれば。みんなもどうか無事で」