トッテナムのイングランド代表FWハリー・ケインが全体練習合流間近であることを明かした。

ケインは1月1日のサウサンプトン戦で左足ハムストリングを断裂し、長期離脱を強いられていた。

全治3カ月の診断が下った中、3月9日に一部トレーニングに合流していたケインは24日、「僕は元気だ。リハビリもうまく行っているよ。ハードワークできているし、順調に段階を踏めている。後はシーズンがどうなるのかを見てみよう」

「家族は元気だよ。今は誰もがコロナウイルスについて考えている時で、全てがクリアになることを願っている」

「完全復帰まではそう遠くない。あと2〜3週間で全体練習に戻れればと思っている」と復帰が迫っていることを明かした。