バルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが、100万ユーロ(約1億2000万円)を寄付したようだ。スペイン『アス』が伝えている。

世界中で感染拡大が続く新型コロナウイルス(COVID-19)は、特にヨーロッパで被害が相次いでおり、イタリアの次にスペインで猛威を振るっている。

その中でも、バルセロナが拠点としているカタルーニャ地方では、24日の時点で8000人以上が感染し、280人以上もの人が亡くなるなど、最も被害を受けている地域の1つである。

『アス』によれば、メッシは少しでも早く終息に向かうために100万ユーロを寄付。これが、バルセロナの病院と母国アルゼンチンの病院に分配されるようだ。

また、メッシの母国であるアルゼンチンでは300人以上が新型コロナウイルスに感染。その内、6名の方が亡くなっている。

なお、マンチェスター・シティを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督がメッシと同額の100万ユーロ、ユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが医療器具などを寄付している。