Jリーグは25日、新型コロナウイルス(COVID-19)の影響で中断中のリーグ戦の再開延期を発表した。

先月行われた開幕節以降、中断を余儀なくされているJリーグ。3月18日までの公式戦中止決定から改めて4月3日までの延期に修正したが、新型コロナウイルス終息の目途が立たないことから、Jリーグは23日に日本野球機構(NPB)と合同で第4回『新型コロナウイルス対策連絡会議』を開いた。

そして会議の結果、更なる延期が決定。村井満チェアマンの発表によると、J1の再開は5月9日。J2は同2日、未開幕のJ3は4月25日に変更となった模様だ。

また、試合を実施する場合も基本的にアウェイ席は開放せず、指定席も前後左右に1席ずつの間隔を設けるという。

さらに、試合実施に関して各市町村から自粛の要請があった場合、応じる構えであることも明かされた。