Jリーグは25日、臨時の委員会を開いて今シーズンのリーグ戦についての方針を話し合った。

開幕節以降、中断を余儀なくされているJリーグ。3月18日までの公式戦中止決定から改めて4月3日までの延期に修正したが、新型コロナウイルス(COVID-19)終息の目途が立たないことから、さらなる延期が決定した。J1は5月9日、J2は同2日、未開幕のJ3は4月25日に再開することで基本合意に達した。

開催時期がその日程に決定した背景として村井満チェアマンは「サーモメーターが450個程必要になる。おおむね全部が揃うのが4月18日に揃うとみている」と話したうえで、「運用は非常に習熟したスキルが必要。外気に触れる中での測定になるため、風などのさまざまな要素を加味することになる。一定の準備期間が必要になる」と設営及び使用上の問題があることを説明した。

また、新型コロナウイルスの感染が高くなる条件として『密閉』、『密集』、『密接』の3つが挙げられているが、Jリーグでは『密集』の対策として「遠方からの来観自粛要請」、『密接』の対策として、「アウェー席の未開放及び、指定席も前後左右に1席ずつの間隔を設ける」との方針を明かした。

そして、約2カ月間は入場者数をスタジアムの収容人数の50%に抑える方向性を示し、ファン・サポーターに対しては「理解をいただく必要がある」と今回の判断に理解を求めた。一方で、"横浜ダービー"などの近隣地域同士の対戦に対しては「柔軟に対応していく」と言及している。