ワトフォードに所属するイングランド人FWトロイ・ディーニーが新型コロナウイルス感染拡大下の外出禁止要請を無視する者を糾弾した。イギリス『FourFourTwo』が報じている。

欧州でもイタリアを中心に猛威を振るう新型コロナウイルス。終息が見通せず、イギリスも23日、対策として、違反者に罰則の伴う不要不急以外の外出禁止を発令した。しかし、こうした国の対策を無視する者がいるという。

ワトフォードの主砲であり、ピッチを離れると子どもたちの父親でもあるディーニーも、外出規制の無視や無意味な買い占めを行うコヴィディオット(COVID/新型コロナウイルス+Idiot/バカ者の造語)の横行を許せないようだ。

「僕ら全員、自宅待機して、政府のガイドラインに従わないと。彼ら(政府)は賃金の80%を保障すると言った。なのに、人々はまだ働き続けているじゃないか」

「外出したら5年の刑務所行きを定めるロシアのようにならないと、もう無理だろうね。一部の人はちょっとおかしいを思っているみたいだが、大勢に影響を及ぼす可能性があるのだから恥だ」

「イタリアやスペインの状況を見て、深刻さを理解してもらわないとね。最悪なのは、影響しないことを知った若者のなかに『どうでも良いや』って思う奴らが現れてくることだ」