マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督の母親であるドロルス・サラさんが6日、新型コロナウイルス(COVID-19)により82歳で亡くなった。シティがツイッターで発表している。

シティはツイッターにて「バルセロナのマンレサに住むペップの母親ドロルス・サラさんがコロナウイルスに感染した後、今日亡くなったことを発表することになった。シティの家族は打ちのめされています。彼女は82歳でした。クラブに関わる誰もがペップや家族、友人たちへ心からの同情を送ります」と発表。

スペインではコロナウイルスの感染者数が6日時点で世界2位の13万5000人を数え、死者数も世界2位の1万3000人を超えている。