元イタリア代表DFのファビオ・カンナバーロ氏(46)が将来的なレアル・マドリーの指揮を夢見た。スペイン『マルカ』が報じている。

現役時代にDF史上初のバロンドールに輝いたカンナバーロ氏は引退後、指導者に転身。依然として欧州主要リーグでの指導歴こそないものの、UAEやサウジアラビア、中国で腕を磨き続けている。

現在、中国のメガクラブである広州恒大の指揮をふるうカンナバーロ氏。スペイン『Madridista Real』に対して、古巣レアル・マドリーに指揮官として帰還する憧れや自身の哲学を口にした。

「トップを目指さないとね。トップはレアル・マドリー。イタリア代表や欧州のその他ビッグクラブもさ。私はレアル・マドリーのようなクラブを指導するために、日々頑張っている」

「私は選手にプレーするよう求めるタイプの監督であり、ボールの有無に関係なく、インテンシティを要求する指揮官でもある。フットボールとは時間制限のあるスポーツだからだ」

「そこは選手たちに理解してもらいたい。我々がボールを持っていないとき、相手をナーバスな状態に追い込むことができたら、時間を奪うことができる」