フランス・プロリーグ機構(LFP)は4月30日、2019-20シーズンのリーグ・アンとリーグ・ドゥ(フランス2部)を終了することを発表した。

フランスでは、28日にエドゥアール・フィリップ首相がスポーツを含む大規模イベントに関しては9月1日まで開催を中止すべきとの見解が発表。リーグ・アンの再開が実質不可能担っていた。

これを受け、LFPは30日の午後に理事会を開催。2019-20シーズンの終了やパリ・サンジェルマン(PSG)のリーグ・アン優勝、ロリアンのリーグ・ドゥ優勝、来季昇格クラブ(ロリアン、ラシン)、降格2クラブ(アミアン、トゥールーズ)を全会一致で決議した。

リーグ・アンの最終順位については、消化試合数が異なるため1試合あたりの平均勝ち点で順位を決定。2.52ポイントを獲得したPSGが3年連続9回目の優勝を決めた。なお、今シーズンは昇降格は入れ替え戦を行わず、リーグ・アンの下位2チームとリーグ・ドゥの上位2チームが入れ替わるとのこと。

また、来季の欧州カップ戦について、チャンピオンズリーグ(CL)にはPSGと2位のマルセイユが本選から、3位のスタッド・ランスが予選3回戦からの出場。ヨーロッパリーグには、4位のリールが出場することになった。

なお、LFPは来シーズンについて8月22日の開幕を目指していると明かしている。