今夏の去就が注目を浴びているブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョだが、バルセロナが復帰を望まない理由はリバプールとの契約にあると推測されている。

2018年1月にバルセロナが1億2000万ユーロ(約140億円)もの移籍金を支払ってリバプールから獲得したコウチーニョだが、現在その去就は不透明なものとなっている。

今季レンタル移籍しているバイエルンは1億2000万ユーロの買い取りオプションを持っているものの、行使する可能性は極めて低い。そうなるとバルセロナ帰還一択だが、そのバルセロナも放出を望んでいる模様。その理由がリバプールとの契約条項にあると言われている。

契約は出場試合数などの条件に応じて移籍金ボーナスが加算される仕組みとなっており、これまでに25試合に出場したことで500万ユーロ、チャンピオンズリーグ(CL)出場権を獲得したことで1000万ユーロが加算され、トータル1億3500万ユーロとなっている。

さらに、100試合出場に到達すると2000万ユーロを余分に支払わなければならなくなり、すでに76試合に出場しているコウチーニョが来季残留となれば、この条項が発動される可能性が高くなってしまうのだ。

加えて、CL制覇の暁にはプラス500万ユーロで、移籍金は最大1億6000万ユーロ(約188億円)に膨れ上がる。そのため、少しでも資金回収が見込めるよう早い段階での売却を望んでいるようだ。

とはいえリーズナブルな価格でバルセロナが売却に応じるとは考えにくい。少なくとも1億ユーロ近い移籍金が必要になると見込まれているが、果たして納得する額を用意できるクラブはあるのだろうか。