アトレティコ・マドリーに所属するイングランド代表DFキーラン・トリッピアーに黒い噂が浮上した。

イギリス『BBC』や『スカイ・スポーツ』によれば、トリッピアーは2019年7月にイングランドサッカー協会(FA)が違反行為として定める賭けごとに関与。フットボール選手の立場を利用した外部に対する情報漏洩の疑いがあり、FAから告発を受けた模様だ。

これを受け、トリッピアーは「僕はここ数カ月自主的にFA調査に応じてきた。そしてこれからも続けていくつもりだ」と、FAの調査に協力する姿勢を明かした。

また、今回の疑惑については「僕はプロのフットボール選手である間、フットボール賭博をしたり、賭博に参加する人間から金銭的を受け取ったことはない」と、否定している。なお、トリッピアーに対しては、18日までならば、この告発に応答する権利がある。

なお、賭博関与の疑いがある時期は、トリッピアーが丁度トッテナムからアトレティコに移籍したタイミング。果たして、真実はいかに…。