来シーズンからモロッコ代表MFハキム・ジイェフの加入が内定しているチェルシーにある人物から助言があった。

今年2月にチェルシーが争奪戦の末にアヤックスから獲得したジイェフ。来季に向けて早くも楽しみな選手だが、かつてヘーレンフェーンで2シーズン共闘した現アウグスブルク所属のFWアルフレッド・フィンボガソンがオランダ『テレグラフ』のインタビューで、ストライカーとしての立場からチェルシーに助言を送っている。

「彼が素晴らしい選手なのは知っている。ここ数年の彼のプレーは目を見張るばかりだった。ジイェフのリズムに合わせられなければ、良いストライカーとは言えないだろう。すべきことは動き回ること。彼は欲しいと思ったボールを確実に渡してくれるのさ」

「疑いの余地はない。プレミアリーグは彼にとっても大きな挑戦となるだろう」

「エールディビジより良い選手も揃ってるしアグレッシブだ。だが、彼はチャンピオンズリーグですでにそのクオリティを証明している」

「チェルシーにとって彼は特別な選手になるはずだ。大きな契約だったと思い知るだろう」