アルゼンチン代表FWホアキン・コレア(25)が現所属先のラツィオを尊重しつつ、将来的なイングランド挑戦を希望した。『フットボール・イタリア』が報じた。

2018年8月にセビージャからラツィオに移籍したコレアは、2ndトップを主戦場する身長188cmの大型MF。テクニックやスピード、しなやかさを兼備したプレースタイルで、今季はここまで公式戦27試合8ゴール4アシストの成績を収めている。

活躍を受け、FWジェルダン・シャキリ(28)やMFアダム・ララーナ(31)の退団が取り沙汰されるリバプールの関心報道が浮上するなか、インスタグラムを介したファンとの交流で、「ラツィオ集中」の意思を示しつつ、イングランド挑戦の思いも口にした。

「今はラツィオに集中しているけど、プレミアリーグも楽しんでみたい。英語も上達させたいからね」

また、プロキャリアをスタートさせたクラブであるエストゥディアンテス復帰の可能性についても触れ、将来的な帰還に含みをもたせている。

「再びエストゥディアンテスでプレーしたい思いはあるけど、今はヨーロッパでうまくいっているから、あと数年はここで頑張っていきたいね」

そう語ったコレアは2019年10月に2024年までの新契約にサイン。イタリア『カルチョメルカート』によれば、8000万ユーロ(約94億9000万円)の契約解除金が設定してある模様だ。