マンチェスター・シティのフランス代表DFアイメリク・ラポルテが、新旧2人の指揮官について、イギリス『BBC』のインタビューで話している。

2918年1月、ラポルテはジョゼップ・グアルディオラ監督に誘われる形でビルバオからマンチェスター・シティに加入した。グアルディオラ監督といえば、誰もが認める世界最高の指揮官だが、そのグアルディオラ監督も高く評価する指揮官がマルセロ・ビエルサ監督だ。

ビエルサ監督は2011年から2013年までの間ビルバオを指揮し、同クラブの下部組織出身のラポルテはビエルサ監督の元でトップチームデビューを果たした。現在はリーズ・ユナイテッドを率いてチャンピオンシップで首位に立っているが、ラポルテはそんな鬼才を厳しい監督だったと捉えているようだ。

「僕が彼の下にいた時はとても厳しかったよ。今とは違ってね。練習は毎日あるし、1日に2回の日だってあったんだ」

「あれが選手のためだとは思わなかった。でも、彼のおかげで大きく成長できたと思っているよ」

「ビエルサ監督とグアルディオラ監督はおそらく世界で最高の指揮官さ。違いはあれど、サッカーを熟知している」