DF冨安健洋の所属するボローニャは2日、5日にトレーニングを再開することを発表した。

同日にはサッスオーロが4日からクラブの練習施設を使用し、ソーシャルディスタンスに注意した上で個別練習を再開することを発表していた。

セリエAで最も早く練習を再開することになるサッスオーロに続いたボローニャだが、先日にはイタリア政府のスポーツ相がシーズンを再開させるのが難しいと厳しい意見を突き付けており、先行き不透明な中での再出発となる。