バルセロナやレアル・マドリーで活躍した元ポルトガル代表MFのルイス・フィーゴ氏が、“禁断の移籍”について語った。スペイン『マルカ』が伝えた。

フィーゴ氏といえば、1995年夏に加入したバルセロナで5シーズン活躍した後、2000年7月にライバルクラブのマドリーへ電撃移籍。スペインを代表するライバルクラブ間での移籍は“禁断の移籍”と騒がれ、激昂したバルセロナファンがフィーゴ氏の経営するお店を破壊するなど当時は一大騒動となっていた。