今から4年前の2016年5月2日は、今日まで語り継がれる”ミラクル・レスター”が誕生した歴史的瞬間だった。

当時、クラウディオ・ラニエリ監督の下、群雄割拠のプレミアリーグで快進撃を見せていたのは日本代表FW岡崎慎司も所属したレスター・シティだった。前年度王者のチェルシーが絶不調に陥っていたこともあり、リーグ戦はレスターを中心に混戦を極めていた。

そんな中、レスターの優勝を阻まんとするトッテナムは5月2日の第36節でチェルシーとのアウェイ戦に乗り込んだ。逆転優勝に望みを繋げられるか、優勝を許すかの瀬戸際の戦い。緊張した一戦でトッテナムは前半のうちに2点のリードを得るものの、チェルシーのエース、FWエデン・アザール(現レアル・マドリー)のゴールなどで追い付かれてしまう。

そして、どうしても点が欲しいトッテナムと、そのトッテナムを優勝させまいとするチェルシーの両軍は徐々にヒートアップ。トッテナムに対する9枚を含む、合計13枚のイエローカードが飛び交う乱戦となった。

結局、試合は2−2の引き分けに終わり、その瞬間にレスターの優勝が決定。ミラクル・レスターが誕生した裏で、この試合は「バトル・オブ・ザ・ブリッジ」と名付けられる伝説の試合となった。

それから4年が経った2020年5月2日、チェルシーの選手として試合に出ていたMFセスク・ファブレガスがツイッターに「4年前の今日、僕たちはプレミアリーグで優勝したんだ。レスターのためにね」と投稿。トッテナムファンにとって苦い思い出を掘り返した。

セスクをはじめとするチェルシーの選手らには当時、「トッテナムが優勝するぐらいならレスターに」と、ロンドンのライバルを特別視する者もいた。アーセナルの選手でもあったセスクにとって、トッテナムの優勝を食い止めたい気持ちは人一倍強かったのかもしれない。

今回の投稿には7万件を超える「いいね」が押されているが、否定的な意見も少なくなくなかった。