バルセロナのU-21スペイン代表MFオリオル・ブスケッツ(21)にセルタがレンタルの打診をしているようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が報じている。

出場機会を求め、今シーズンはトゥベンテへレンタル移籍したO・ブスケッツ。エールディビジは新型コロナウイルの影響でシーズン半ばにして中止が決定したものの、主力としてリーグ戦21試合に出場。また、本職は守備的MFだが、センターバックとしての新境地も開いた。

『ムンド・デポルティボ』によれば、現在ではにわかにドイツクラブからの関心が高まっているようで、ブレーメンをはじめ、ケルンやマインツが獲得を考慮しているとのこと。一方、同メディアはスペイン国内からの関心も伝えており、セルタやアラベス、バジャドリーも加わった熾烈な争奪戦を予想している。

だが、バルセロナはプレシーズンでの出来を見てから去就に関して判断を下す意向とのこと。選手本人もバルセロナ残留を望んでいることもあり、現状は不透明だ。