ベシクタシュに所属するドイツ人GKロリス・カリウスは4日、自身のインスタグラムでベシクタシュとのレンタル契約を解消したことを発表した。

リバプールに籍を置くカリウスは2018年の夏から2年契約でベシクタシュにレンタル中。この2シーズンで公式戦67試合に出場するなど守護神としてゴールマウスを守っているが、給与未払いがあるとして、FIFAに訴えを起こしていた。

そんな中、カリウスは4日に自身のインスタグラム(@loriskarius)を更新。「このような形で終わりを迎えるのは残念だ」と、ベシクタシュとの契約が終了したことを明かした。

「今日、ベシクタシュとの契約を終了した。このような形で終わりを迎えるのは残念だ。ただ、クラブとの問題を解決しようとあらゆることを努力をしたと理解してほしい」

「僕は何カ月間も辛抱強く理事会に繰り返し伝えた。だけど、昨年と同じことが起きた。残念ながら、彼らはこの問題を解決しようとはしておらず、僕の提案を拒否して減給までしたんだ」

「僕はこのクラブでプレーすることが本当に楽しかった。それだけは知っていて欲しい。ベシクタシュは熱狂的なファンに支えられ、常に素晴らしいサポートを得られたことを誇りに思うだろう」

「また、初日から両手を広げて歓迎してくれたチームメイトや監督、クラブで働くすべての関係者に感謝している。本当にありがとう!」

今回の契約解消によりひとまず保有元のリバプールに帰還することとなったカリウス。しかし、同クラブではブラジル代表GKアリソン・ベッカーが絶対的守護神として君臨しており、来季もカリウスを構想に含める可能性は限りなく低い状況だ。