サッスオーロが4日に練習を再開したようだ。クラブの公式ツイッターが個別トレーニングの練習風景を投稿している。

新型コロナウイルス(Covid-19)の感染拡大により、3月初旬からリーグ戦がストップしているイタリア。未だリーグ再開の目途は経っていないものの、イタリア政府は3日にセリエAのクラブに対して4日から個別トレーニングの再開を許可していた。

セリエAで一番乗りの練習再開となったサッスオーロは、感染のリスクを減らすべく、狭い空間に多くの人が集まらないよう、同時に練習できる人数を6人に制限。ボールは使用せず、ランニングやサーキットトレーニングで汗を流した。

なお、日本代表DF冨安健洋が所属するボローニャやアタランタは5日から、ローマは6日から、インテルは数日中に練習を再開すると発表している。