ラ・リーガは4日、今週から各クラブのトレーニングが再開されると発表した。

この決定はスペインの保健省から承認を得てのもの。ラ・リーガと医療専門家が作成したプロトコルに従って、1部と2部のクラブに所属する選手はクラブによるメディカルチェック後、個人トレーニングから再開するという。

この措置は約1カ月間が想定され、政府による新型コロナウイルス対策の封鎖措置を段階的に解除するプロセスに遵守。今季の再開時期は6月が見込まれ、トレーニングも個人からグループまで段階的に戻していくようだ。

ラ・リーガの会長を務めるハビエル・テバス氏はリリースを受け、次のような思いを綴っている。

「この危機は我々全員に深刻な影響を与えた。フットボールの復活は、社会が新しい常識に向かっているサイン。また、スペインや世界中の人々が知り、愛する生活の要素を取り戻すことにもなる」

「人々の健康が第一。ラ・リーガの再開に向け、関係者全員の健康を守るための包括的なプロトコルを設けた。前代未聞の状況だが、6月から再開させ、2019-20シーズンを今夏に終わらせたい」