アストン・ビラに所属するイングランド人MFジャック・グリーリッシュ(24)のビッグクラブ移籍に警鐘を鳴らす人物がいる。

4シーズンぶりにプレミアリーグに復帰したアストン・ビラで一際輝いているのがグリーリッシュだ。チャンピオンシップで戦っていた昨シーズンから注目を浴びており、昨夏にも移籍の噂は取り沙汰されていた。今季も主将としてリーグ戦26試合に出場し7ゴール6アシストの成績を残しており、マンチェスター・ユナイテッドをはじめとするビッグクラブから俄然強い関心を惹いている。

しかし、アストン・ビラの先輩で元イングランド代表のガブリエル・アグボンラホル氏は移籍に反対している模様。ビッグクラブへの移籍が必ずしもステップアップになるとは限らないと忠告している。イギリス『メトロ』がコメントを伝えた。

「彼は残ると思う。ビラは彼を中心に古豪復活を目指している。彼はキャプテンで6歳の頃からこのクラブに身を置いてきた」

「僕によく似た状況だね。このクラブを出ていくチャンスはあった。だけど、クラブが自分にとって大きな意味を持つとき、それが必ずしも正しいとは限らないんだ」

「もし私がビラのオーナーだったらすぐにスマートフォンの電源をオフにするね! 市場が終わって彼が移籍出来なくなったとき、改めて電源をオンにするよ」