アンジェに所属するアルジェリア代表FWファリド・エル・メラリ(23)がわいせつ物陳列罪で逮捕されたようだ。フランス『Le Parisien』が報じている。

『Le Parisien』が伝えるところによれば、エル・メラリは5月4日から5日にかけた深夜の時間帯にアンジェ市内にある自宅の中庭で、1階にある隣人女性宅を覗き見ながら自慰行為を行ったという。

そして、女性からの通報を受けて、駆け付けた地元警察によってわいせつ物陳列罪の容疑で逮捕され、勾留。ただ、すぐに自身の容疑を認めたため、すでに釈放されたようだ。また、今後の裁判では罰金刑が科される見込みだという。

なお、地元警察によると、エル・メラリが隣人女性に通報されたのは今回が2度目であるという。一方、同選手の弁護人は被害女性がエル・メラリの当該行為を見ていないという主張を述べている。

2018年にアンジェに加入したエル・メラリは、今シーズンの公式戦11試合で5ゴールを記録。また、アルジェリア代表ではここまで2キャップを刻んでいる。今月4日には2023年6月までの契約延長が発表されたばかりだった。