ローマへレンタル中のアルメニア代表FWヘンリク・ムヒタリアン(31)が、ついにアーセナルに完全移籍を要求したようだ。イタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』が報じている。

出場機会を求めて今季からローマへレンタル移籍しているムヒタリアン。ケガによる離脱はマイナスではあるものの、初めてのイタリアの水にも難なく順応し、リーグ戦13試合で6ゴール3アシストと見事なパフォーマンスを披露している。

この活躍にローマも買い取りを考慮していると言われ、パウロ・フォンセカ監督も「私は引き続き彼と仕事を続けていきたい。彼は素晴らしいプレーヤーであり、素晴らしい人格の持ち主さ」 と唸る。

そんな中、『コリエレ・デッロ・スポルト』の情報によると、ムヒタリアンは「僕のロンドンでの時間は終わった。ローマ移籍を手配してくれ」と代理人に申し出たそう。一方、アーセナルも契約も残り1年となり、高額な給与を必要とする同選手の放出はやぶさかではないようで、1000万ユーロ(約11億5000万円)程度の移籍金で放出を認める方針とのこと。

なお、2020年6月30日までとなっているローマとの契約に関しては、新型コロナウイルスによるリーグ戦中断のため、実質的な今シーズン終了まで延ばすことでクラブ間合意に達したとも言われている。