元ブラジル代表DFのカフー氏が、2003年のミラン加入当時を回想した。イタリア『カルチョ・メルカート』が伝えた。

人間離れした運動量にタイミングの良い攻め上がりを武器に“右サイドの支配者”と呼ばれたカフー氏は、ローマやミランで印象的な活躍を披露。ブラジル代表としても左サイドバックのロベルト・カルロス氏と共に超攻撃的な両サイドバックを形成し、ブラジル代表歴代最多出場記録となる通算142試合に出場している。