シャルケの元U-21イングランド代表DFジョンジョ・ケニー(23)は、ブンデスリーガ再開に興奮気味だ。

エバートンのアカデミーで育ったケニーは、ウィガンやオックスフォード・ユナイテッドで武者修行を積んだのち、2017-18シーズンからトップチームで昇格するも、主力の右サイドバックであるアイルランド代表DFシェイマス・コールマンの高い壁に激突。今シーズンは1年間のレンタル移籍でシャルケに加入している。するとドイツではリーグ戦23試合に出場し1ゴール3アシストを記録するなど、着実に成長に繋げている。

そんな中での新型コロナウイルスによるブンデスリーガ中断。2カ月に及ぶ空白の期間を経てようやく再開に漕ぎ着けたが、ケルンでは最近になって陽性反応が3人検出されたこともあり、時期尚早との声も少なくない。

しかしケニーは十分安全を確保した上での判断だとこの決定を支持しているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』がコメントを伝えている。

「僕らはドクターを信用して健康と安全に関するガイドラインに従ったんだ。リーグ再開はふさわしいことだよ」

「再開できると見込んだから許可が降りたんだよ。僕はそう思う」

「2カ月もの空白があった。仮にプレーできる状態が整っていたら、とっくに再開していただろね。適切なタイミングを待っていたんだと思う。少しでも落ち着くのをね」

「僕はリラックスしている。準備も出来てるよ」

「僕はクラブを信用し、クラブも僕たち選手を信用してくれた。全選手が正しい行動を取ったんだ。みんなプレーできるのを楽しみにしているよ」

また5月16日からの再開が決まったブンデスリーガでは、シャルケはいきなりドルトムントとのレヴィア・ダービーが待ち受けている。