世界中で休むことなく紡がれ続けてきたフットボールの歴史の中で今日何が起こったのか。本日、5月8日の出来事を振り返ってみよう。

今回ピックアップするのは2002年5月8日。プレミアリーグ第35節のマンチェスター・ユナイテッドvsアーセナルの一戦だ。

◆両チームにとって絶対に負けられない一戦

2001-02シーズンのリーグ優勝争いも大詰めを迎えた中でのビッグカードとなったこの一戦。このシーズン既にFAカップを優勝し、リーグでも首位を走っていたアーセナルは、残り2節を残し優勝マジック“1”。この試合を制すれば優勝を決められるという大事な試合だった。

しかし対戦相手は、当時アーセナルと熾烈なライバル関係にあったユナイテッド。名将サー・アレックス・ファーガソン監督に率いられ、1998-1999シーズンよりリーグを3連覇している絶対王者だった。

このシーズンは2位に甘んじていたユナイテッドだったが、彼らにとっても4連覇へ望みを繋ぐため、そして自分たちのホームであるオールド・トラッフォードでライバルの優勝を決めさせないため、絶対に負けられない一戦だった。

◆2人のエースを欠くもアーセナルが強さを見せる