移籍に迫った時期もあったが、今もマンチェスター・ユナイテッドにとどまり、絶対的守護神を担うスペイン代表GKダビド・デ・ヘア。当時、去就が揺らいだのは元指揮官であるルイス・ファン・ハール氏との確執が原因だったという。

デ・ヘアは2011年夏、アトレティコ・マドリーから加入。前季限りで惜しまれながら現役を引退した元オランダ代表GKのエドウィン・ファン・デル・サール氏に代わる正守護神としての期待にしっかりと応えてみせ、今季も不動の地位を確立している。

しかし、そんなスペイン人GKに対しては2017年夏、レアル・マドリー移籍の可能性が沸騰。結局、デッドラインデイまでに書類上の手続きが完了せず、クラブ間合意済みだったコスタリカ代表GKケイロル・ナバスとのトレードを含む取引は破談した。

当時のユナイテッドでGKコーチとして、ファン・ハール氏をフォローしたエリック・スティール氏がイギリス『iNews』のインタビューで、あの騒動を振り返った。

「彼はファン・ハールの下にいた頃、去りたがり、我々もその理由を知っていた。2人(ファン・ハールとデ・ヘア)は良い関係じゃなかったのだ。実現しなかったけどね」

「移籍市場の締切日に何も起こらなければ、彼はレアル・マドリーに行っていただろう。彼はファンやクラブに不満なんてなく、明らかに舞台裏で何かしらの問題があった」

「今の状況は違う。彼は笑顔を浮かべ、クラブの改善に尽力している。去りたがる理由もない」

そうした騒動を乗り越えて、ユナイテッド在籍9年目の今季も揺るぎない地位を築くデ・ヘアだが、シェフィールド・ユナイテッドに貸し出され、台頭を遂げたイングランド代表GKディーン・ヘンダーソンの復帰待望論も高まりつつある。

しかし、スティール氏は14歳の頃からを知っているというD・ヘンダーソンが来季復帰したとしても、デ・ヘアが引き続き正守護神の座を担うと述べた。

「私はディーンが14歳だったときから知っている。彼も素晴らしい姿勢を持っている。ダビド自身も把握していたはずだ。でも、ディーンの挑戦がダビドを動揺させることはない。ディーンも障害を克服できないと、今のダビドがいる場所まで辿り着けない」