アーセナルにレンタル移籍中のスペイン代表MFダニ・セバージョス(23)がセビージャ移籍に関して、否定的な態度をとった。

昨夏、1年間のレンタルでレアル・マドリーからアーセナルへ期限付き移籍したセバージョス。今季ここまで公式戦24試合で1ゴール2アシストの成績を収めているが、買取オプションが付随しておらず、マドリー復帰が既定路線だ。

そんなセバージョスに対して、セビージャ移籍の可能性がまことしやかに浮上している。マドリーがセビージャのアルゼンチン代表MFルーカス・オカンポスに目を光らせ、移籍金3000万ユーロ(約35億1000万円)に加えて、貸し出しているスペイン代表DFセルヒオ・レギロン+セバージョスの譲渡を検討していると噂されている。

しかし、セビージャの番記者を務めるファンマ・ロレンテ氏がその旨の内容をツイートすると、セバージョスが自身のツイッター(@DaniCeballos46)で反応。引用すると同時にアメリカのドナルド・トランプ大統領が首を横に振り、否定的な様子を見せるGIF画像を投稿した。

なお、セバージョスはこのツイートに文字を綴っておらず、心境は不明。アーセナルが完全移籍に動く可能性やユベントスからの関心報道もあるが、セビージャへの移籍だけはないのかもしれない。