今夏の去就が注目されるフィオレンティーナのイタリア代表FWフェデリコ・キエーザ(22)だが、行き先候補が絞られているようだ。

ウイングやセカンドトップとしてプレーするキエーザは、フィオレンティーナの下部組織出身で、2016年7月に昇格。今シーズンもセリエAで23試合に出場し6ゴール5アシストの結果を残していた。

フィオレンティーナとの契約は2022年6月30日までとなっており、キエーザには様々なクラブが興味を持っている。

イタリア『コリエレ・フィオレンティーナ』によると、多くのクラブが興味を示していたものの、現在は4クラブにまで候補が絞られているという。

キエーザには、ユベントスやインテルのイタリア勢に加え、チェルシー、マンチェスター・ユナイテッド、アーセナル、トッテナムとプレミアリーグのクラブも多く興味を示しているとされていた。

しかし、現在はアーセナルとトッテナムが獲得レースから脱落。イタリア、イングランドの2クラブずつが争っているとされている。

キエーザの移籍金は6000万ユーロ()程度と見られているものの、フィオレンティーナは選手のトレードなどは考えておらず、現金での取引を求めているとされている。

そのため、インテル、ユベントスのイタリア勢は分が悪く、イングランドの2クラブが有利な状況と伝えられている。

また、フィオレンティーナのオーナーを務めるロッコ・コミッソ氏はセリエAのライバルであるユベントスは、特に強化させたくないと考えており、現金での取引を求めているようだ。

クラブは引き止めにかかることが濃厚だが、キエーザはどこのユニフォームを選ぶのだろうか。