マンチェスター・ユナイテッドがナイジェリア代表FWオディオン・イガロのキープをかけた戦いに直面している。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。

今冬の移籍市場で上海申花からの半年レンタルでユナイテッド入りを果たしたイガロ。公式戦8試合に出場して4ゴールを挙げ、加入当時のネガティブな声を見事に一蹴してみせている。

しかし、新型コロナウイルスの影響による今季のスケジュール先延ばしがイガロのユナイテッドでのキャリアをも難しくさせてしまっているようだ。

イガロのレンタル期間は6月末まで。プレミアリーグは6月中の再開を目指している状況であり、このままだと今季途中でユナイテッドを去ることになる。

ユナイテッドは今季終了までイガロをとどめたがっているが、保有権を持つ上海申花は買い取らない限り、7月の中国スーパーリーグ開幕に合わせてレンタルバックを求めるという。

その要求額は移籍金2000万ポンド(約26億5000万円)以上。ニューカッスルもサウジアラビアのファンドによる買収が完了次第、イガロの獲得に乗り出す可能性がある模様だ。

先日、イギリス『BBC』で今季いっぱいをユナイテッドで過ごしたい意向を示したイガロだが、果たして…。