チェルシーOBであり、元チェコ代表GKのペトル・チェフ氏がフットボールキャリアで最も苦労した選手を明かした。

長らくチェルシーの正守護神を務め上げ、昨季限りで現役を退いたチェフ氏。引退までプレミアリーグ通算630試合以上の出場数を誇り、通算200回以上のクリーンシートを達成するなど、長らくリーグを代表する名GKの座に君臨した。

そんなチェフ氏にとって、最も難敵だった選手は誰だったのか。チェルシー公式サイトで、マンチェスター・ユナイテッド在籍時代に数多くの名勝負を演じた元イングランド代表FWウェイン・ルーニー(ダービー・カウンティ)の名を挙げた。

「ウェイン・ルーニーだ。ユナイテッドと対戦するたびにね。彼がボール持ったときはいつも注意を払った。予測不能で、クレバーな選手だったからね」

「彼はチェイスできて、ファイトできて、ランできて、シュートも上手い。ハーフウェイラインからでもゴールを決められ、少し高いポジション取りをしていると、チップで狙ってくる」

「私にとって、楽しめたチャレンジでもあったね」

また、チェフ氏は2004〜2015年までのチェルシー時代をこう振り返っている。

「遡ってみると、良い時期はハッピーだった。うまくいかなかった時期は明らかに幸せじゃなかったが、重要な時間だし、何かを変えたいとは思わない。素晴らしい旅で、本当に楽しかった。機会があるなら、再び味わいたいね」