かつてはユベントスやレアル・マドリー、そしてイタリア代表としても活躍したファビオ・カンナバーロ氏が、リバプールのオランダ代表DFヴィルヒル・ファン・ダイクについて語った。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。

現在は中国スーパーリーグの広州恒大で指揮を執るカンナバーロ氏。現役時代はナポリ、パルマ、インテル、ユベントス、レアル・マドリー、そしてUAEのアル・アハリでプレーした。レアル・マドリー時代の2006年にはイタリア代表としてワールドカップで優勝。さらに同年には世界最優秀選手の証となるバロンドールを受賞している。

一方のファン・ダイクは、リバプールで昨シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)制覇の原動力となり、2019年のバロンドール受賞こそ叶わなかったが、その争いでバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシと熾烈な一騎打ちも演じた。

惜しくも、カンナバーロ氏以来、13年ぶりにディフェンダーが受賞することにはならなかったが、カンナバーロ氏はディフェンダーがバロンドールを獲得するには運も必要だと明かした。

「私は昨シーズン、ファン・ダイクに祝福のメッセージを送ったが、ディフェンダーとして勝ち取ることは難しい。必ずしも素晴らしいパフォーマンスやタイトルを獲得することが必要なのではない」

「(クリスティアーノ・)ロナウドや(リオネル・)メッシのようなストライカーが目の前にいないという運も必要だ。これが鍵だ。メッシやC・ロナウドがいる場合には、1-0で試合開始しているようなものだ」

カンナバーロ氏の指摘通り、2008年以降はC・ロナウドとメッシの2強時代が10年続いた。2018年こそレアル・マドリーのクロアチア代表MFルカ・モドリッチが受賞したものの、2019年は再びメッシが受賞しており、バロンドール受賞は本人のパフォーマンス以上に運も必要なのかもしれない。