チームトレーニング再開を前にして、骨折が判明したレアル・マドリーのセルビア代表FWルカ・ヨビッチだが、その原因は当初報告されたものとは違ったようだ。

ヨビッチは、コロナ禍でスペインからセルビアに帰国した際、ロックダウン(都市封鎖)にも関わらず外出したとして、大きな非難を浴び、処罰を受ける可能性があるとまで報じられていた。