カターレ富山が26日、FW田中智大(29)の現役引退を発表した。

福岡県出身の田中はアビスパ福岡U-18、福岡大学、FC岐阜SECONDを経て、2014年にトップチームのFC岐阜に昇格。ガイナーレ鳥取へのレンタルを経て、2016年からブラウブリッツ秋田に移り、2017年に明治安田生命J3リーグ15得点の活躍でチームのJ3優勝に貢献した。

昨季からレンタルで富山に活躍の場を移して、J3リーグ8試合に出場して4得点を記録したが、シーズン終了後に両クラブから契約満了が発表。所属先が決まっていない状況だった。

田中は昨季まで在籍した富山の公式サイトでスパイクを脱ぐ旨を報告。ケガを引退決断の理由に挙げ、感謝の言葉を寄せた。

「昨シーズン限りでプロサッカー選手を引退することを決めました。ここ数年は怪我に悩まされ、自分の可能性に限界を感じ決断しました。私のサッカー人生は順風満帆ではなかったですが、秋田でのJ3優勝はサッカーの醍醐味を強く感じましたし、頑張って良かったと思える一瞬でした」

「ここまでサッカーをやってこれたのも、関わってくれたチームメイト、スタッフ、サポーター、スポンサーの方々、サッカー関係者の皆様、そして家族がいたからこそだと思っており、とても感謝しております。これからは立派な社会人になれるよう頑張りますのでよろしくお願いします! 本当にありがとうございました!」