アーセナルは26日、U-23ブラジル代表FWガブリエル・マルティネッリが左ヒザの手術を行い、今季中の復帰が絶望となったことを発表した。

マルティネッリは21日の練習中に左ヒザを負傷。軟骨の病変を修復する関節鏡手術が行われたとのことだ。

昨夏、イトゥアーノから加入したマルティネッリは今シーズンここまで公式戦26試合で10ゴール4アシストをマーク。低迷するチーム状況下で、新たな力としてブレイクを果たしていた。

アーセナルでは他にも左足首のじん帯を痛めたスペイン人DFパブロ・マリがトレーニング復帰までに2〜3カ月を、右ヒザのじん帯を痛めたドイツ代表GKベルント・レノがトレーニング復帰までに4〜6週間かかることを発表しており、ケガ人が相次いでいる。