リバプールのキャプテンを務めるイングランド代表MFジョーダン・ヘンダーソンが、ファンからの祝福へメッセージを返した。

リバプールは24日にホームで行われたプレミアリーグ第31節のクリスタル・パレス戦で勝利。あと1勝で自力優勝が決まる状況だったが、シティが25日に行われた今節のチェルシー戦を1-2で落としたため、7試合を残してプレミアリーグ初優勝となる30年ぶりのリーグ制覇が決まった。

ヘンダーソンは優勝決定後に喜びのコメントを発表していたが、その後のファンからの祝福のメッセージを受け自身のツイッター(@JHenderson)を更新。改めてファンへ感謝し、一緒に祝う事が待ち遠しいとメッセージを送った。

「ワォ。なんて24時間なんだ!昨夜は、チームとして一緒に祝えたことは、僕たちみんなが決して忘れることのできないものだ。でも、僕も素晴らしいファンのみんなにメッセージを送りたいと思っていた」

「素晴らしいクラブを代表し、キャプテンを務めることは特権であり名誉だ。長い間待たせてしまったけど、レッズの皆さん、これはあなた方のためだ。みんなで祝うのが待ちきれない。いつも信じてくれてありがとう」

「残りの7試合に集中し、トロフィーを上げる前に、できるだけ強くシーズンを終える必要がある」

「1人1人のリバプールファンへ。You'll Never Walk Alone」

今シーズンのリーグ優勝は、ヘンダーソンにとって5つ目のトロフィーとなった。

なお、リバプールは残りの試合でマンチェスター・シティやアーセナル、チェルシーなど強豪との対戦も残っており、しっかりと優勝に華を添える結果を残せるかに注目だ。