ボカ・ジュニアーズの元アルゼンチン代表FWカルロス・テベス(36)が将来的なウェストハム凱旋の可能性を示唆した。

かつてウェストハムやマンチェスター・ユナイテッド、マンチェスター・シティ、ユベントスといった欧州クラブでもいち時代を築いたテベス。中国でのプレーも経て、2018年に3度目のボカ復帰を果たした。

ボカを主将としても引っ張るテベスは今季、国内リーグ戦でチーム最多の9得点を挙げたが、今月末に現行契約が失効。新たに1年延長のオファーを打診されたとみられる。

しかし、テベスはボカからの打診を断り、半年間の新契約にサインした模様。アルゼンチン『Radio La Red』で今年いっぱいをボカで過ごした後の将来について、こう語った。

「ヨーロッパに戻らないといけないなら、半年間の契約でウェストハムに行く。拍手を浴びるためにね。それか、コリンチャンスで半年間を過ごすのもあり得る。自らの言葉に縛られたくないから、どんな可能性も除外しない」

また、ボカとの新契約により、手にするサラリー全額を慈善団体に寄付する方針も明らかにしている。

「ボカが僕に提示してくれた給与の全てを非営利団体に寄付するつもり。ボーナスを含めた給与をガソリン代にあてる。吐き出しやワクチンが必要な人たちのためにも使うことになるだろう」