バルセロナのキケ・セティエン監督が、ラ・リーガ第32節のセルタ戦を振り返った。スペイン『マルカ』が伝えた。

ラ・リーガ3連覇に向けて、レアル・マドリーとデッドヒートを繰り広げるバルセロナは27日に敵地でセルタと対戦した。

20分にFWルイス・スアレスのゴールで先制するも、後半立ち上がりの50分にFWヒョードル・スモロフに同点弾を許してしまう。その後、67分にスアレスがこの日2点目となるゴールで勝ち越しに成功するも、88分にFWイアゴ・アスパスに直接FKを沈められてしまい、2-2のドローに終わった。

優勝に向けて手痛い引き分けとなったセティエン監督は、試合を振り返り後半の戦いを残念がった。

「彼らは最後の数分で多くのリスクを冒して、勝ち点に結びつくゴールを奪った。前半は我々の方がはるかに優れていたので、このような状況になるべきではなかった。ドレッシングルームでより良い結果を得るべきだった」

また、セティエン監督は優勝争いについても言及。レアル・マドリーの敗戦を望みながら、全試合勝利を目標に掲げた。

「11日前には2ポイントのアドバンテージがあったが、今はレアル・マドリーが勝ったらそのアドバンテージを彼らが得る。ミスをする余地はない」

「理想は全ての試合に勝ち、ライバルが負けることを願っている。状況を簡単にするためにその能力を発揮する力があるかを確認する」