ユベントスへの移籍が合意に至ったと報じられているバルセロナのブラジル代表MFアルトゥール(23)が、メディカルチェック受診のためイタリアに到着したようだ。

27日にラ・リーガ第32節でセルタと対戦したバルセロナ。アルトゥールはこの試合の86分からリキ・プッチに代わって途中出場。試合は2-2で引き分けていた。

スペイン『ムンド・デポルティボ』によると、アルトゥールは試合後にクラブの許可を経てチャーター機でイタリアのトリノへと飛び立ったとのこと。バルセロナの元スポーツ・ディレクター(SD)であるロベルト・フェルナンデス氏と自身の家族ともにトリノへ到着したようだ。

アルトゥールは、28日の午前中にユベントスのメディカルチェックを受け、すぐバルセロナに戻るとのことだ。

なお、トレードも噂されているユベントスのボスニア・ヘルツェゴビナ代表MFミラレム・ピャニッ(30)に関しては、トリノでバルセロナのメディカルチェックを受ける可能性があるとも報じられている。