パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するフランス代表FWキリアン・ムバッペが、昨年までクラブに在籍していた2人のベテランへの敬意を口にした。フランス『レキップ』が伝えている。

21歳の若さにしてフランス国内の主要タイトルに、2018年ロシア・ワールドカップで世界王者となったムバッペ。ピッチの上では早くも成熟したプレーを披露し続ける近未来のバロンドール候補だが、オフ・ザ・ピッチや時にピッチ内でも年齢相応の若さを出してしまう場面も見受けられる。

そういった精神面の未熟さを同選手自身も感じているが、昨シーズンには元フランス代表MFラサナ・ディアラ(引退)、元イタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォン(現ユベントス)という百戦錬磨のベテランから多くのことを学んだようだ。

「ラサナはロッカールームの中でとても尊敬を集めていたんだ。だから、彼がクラブを去ったとき、自分の中にも少し変化が起きた気がするよ。それはブッフォンが去ったときも同じだった」

「ラサナは僕にとって頼れる兄であり、ラスおじさんだった。彼はよく自分のキャリアやクラブの話をしてくれたんだ。また、自分が犯してきた誤りについてもね。その経験から僕に対してアドバイスをくれたんだ」

「彼は僕が困難な時期に助けてくれたんだ。彼は世界最高峰を知っている人だからね。それに何を話すべきかをしっかりと理解しているんだ」

「ただ、僕だけにアドバイスをしてくれたわけではないんだ。彼はアドバイスが必要なすべての人に同じように接していたよ。とりわけ、プレスネル・キンペンベには多くの時間を割いていたね」

「彼は自分がプレーしていないときでも常にそういった役割を買って出ていたんだ。それは本当に重要なことなんだ」

「個人的に偉大なベテランプレーヤーの話を聞くのが大好きなんだ。だから、ブッフォンも僕にとって本当に重要な存在だったんだ」