リバプールは27日、プレミアリーグ制覇後の一部サポーターによる公衆衛生違反とも取れる行為を受け、公式声明を発表した。

リバプールは、25日に行われたプレミアリーグ第31節チェルシーvsマンチェスター・シティで、2位のシティが敗れたことにより、2019-20シーズンのプレミアリーグ優勝を決めた。

新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受け、今月半ばに再開したプレミアリーグだが、健康、安全面を考慮し、無観客での開催方式に変更している。

そういった中、30年ぶりのリーグ制覇が懸かるリバプールや熱狂的なサポーターを擁する一部クラブの試合に関しては、試合会場付近に多くのサポーターが集結することを危惧し、一時中立地開催などの可能性が検討されていた。

しかし、リバプールの主要サポーターズクラブを中心にリーグ、クラブ、地元議会、警察などの関係各所の話し合いの中で最終的に通常通りの開催が決定していた。

ただ、チェルシーvsシティの終了後、30分以内におよそ2000人のファンがリバプールの本拠地アンフィールドに集結。また、その翌日にはリバプール市内のピアヘッドに数千人のサポーターが優勝を祝うために集まり、感染拡大阻止の観点から遵守が求められるソーシャル・ディスタンスを違反する行為が横行している。

そして、こういった一部サポーターによる問題行動を受け、リバプールはマージーサイド警察、リバプール市、スピリット・オブ・シャンクリー(サポーターズ・ユニオン)との共同声明を発表。

「我々の街はまだ公衆衛生危機にあり、今回の行動は完全に容認できない」と、一連の行動を非難。さらに、「コロナウイルスの第2波の潜在的な危険性がある中、これまでのロックダウン中に達成してきたすべての努力を無駄にしないため、全員の協力が必要だ」と、引き続きの協力を訴えた。

ただ、最後には「安全な形での開催が可能となった場合、皆で集まり優勝パレードを計画し、祝い合いましょう。それまでは我々の街と人々の安全が最優先事項であり続けます」と、コロナ終息後のイベント開催を約束している。