MF本田圭佑が所属するボタフォゴが、新たな国際的なスターを獲得しようと動いているようだ。

ブラジル『グローボ』によると、ボタフォゴが狙っているのはヘルタ・ベルリンに所属する元コートジボワール代表FWサロモン・カルー(34)とのこと。すでに選手と接触し、最初のオファーを出しているようだ。

カルーは、フェイエノールトで頭角を表すと、2006年7月にチェルシーへと完全移籍。黄金期を迎えていたチェルシーではプレミアリーグやチャンピオンズリーグの優勝に貢献すると、リールへの移籍を挟んで、2014年8月からヘルタ・ベルリンでプレーしていた。

ヘルタとの契約期間は6月30日までとなっていたが、新型コロナウイルス(COVID-19)による中断期間中にSNSで新型コロナウイルスのプロトコル違反が疑われる動画を投稿。その結果、クラブから処分を下され中断明けは出場がなかった。

ボタフォゴは、同じコートジボワール代表として活躍したMFヤヤ・トゥーレの獲得に動いていたが、直前で破談となっていた。

交渉の代理人は本田やヤヤ・トゥーレの際にも介入したマルコス・レイチとのこと。カルーはブラジル人女性と結婚しており、ボタフォゴは交渉ん自信を見せているようだ。しかし、カルーはヨーロッパでのプレーを望んでいるとされ、他クラブからのオファーを待っているようだ。

ブラジル・セリエAは8月に再開される予定。それまでにカタをつけたいと考えているボタフォゴだが、プレミアリーグで36ゴール、ブンデスリーガで48ゴールを記録しているカルーは何としてもテニしたいところだろう。