レアル・マドリーのブラジル代表MFカゼミロが28日に敵地で行われたラ・リーガ第32節のエスパニョール戦で記録した決勝点を解説した。クラブ公式サイトが伝えている。

ゴールレスの45分、DFセルヒオ・ラモスが競り勝ったボールに反応したFWカリム・ベンゼマがボックス右からヒールパスを出すと、走り込んだカゼミロが押し込んで先制に成功。そのまま逃げ切り、1-0で辛勝した。

この試合でも攻守にわたって抜群の存在感を放ったカゼミロ。試合後、「3ポイントを得たが、まだ決勝戦があり、次に進む。僕のゴールに関して、カリムの動きに触れないのは不当だろう」と絶妙なアシストを記録したベンゼマを称えると、「ゴールは彼のもの」だと続けた。

「ベンゼマのことは知っている。彼にとって、あのプレーは普通だ。彼のクオリティは「9番」ではなく、「10番」。彼がどんなプレーをするのかわかっているから、スペースにパスを出すよう求めた。素晴らしいヒールパスだったから、ゴールは彼のものだ」

また、最下位エスパニョールとの試合も回想。7月2日に行われる次節のヘタフェ戦に向けて気を引き締めた。

「最下位チームとの対戦だったが、ゴール後はチーム全員で守り、逃げ切るためにとてもハードワークしたから結果を残せた。クリーンシートは評価されるべきで、守備も大事だ。続けたいね。これからヘタフェとの対戦を考えないと。難しい試合になる」